ステートメント_mo

コスチュームジュエリーブランド 〈MAYU〉 のデザイナー岡松真由は、

自分らしくあることの大切さを、

様々なクリエーションを通して表現してきました。

ブランドのアイコンでもあるコレクション「PEARL RIVETS」が10周年となる今年、

〈mayuokamatsu〉として、

ethnicity / gender identitiy / age にかかわらず、

多様な人がそれぞれの自分らしさを、

大切な人とシェアできるジュエリーを提案します。

このジュエリーを選び身につけることで、

同じ時間を、様々な気持ちを、そしてその喜びを、共に実感してほしい、

〈mayuokamatsu〉のクリエーションには、そんな思いが込められています。

CV

Mayu Okamatsu

2006年よりジュエリーブランドMAYUをスタート
数々のアート、音楽からインスピレーションを受け、自身のライフスタイル、マインドというフィルターを通して、ジュエリーへと昇華させてきた。その“身に纏うアート”とも言える作品を生み出し続けている。
2010AWCollection で発表した〈MAYU〉の代名詞ともいえる「PEARL RIVETS」は
“20年後にも変わらず愛されるアートピースを”という気持ちから生まれたもの。
哲学とデザイン、そして実用性を兼ね備えた、美しいジュエリーを生み出す新たなステージとして、2020年AWよりハイエンドなジュエリーブランド〈mayuokamatsu〉をスタート。

東京都出身
多摩美術大学卒業
アートワークとして手掛けた作品が、ベルギー「Antwerp Mode Museum」やオランダ「Ons' Lieve Heer op Solder」で展示されるなど、アートピース作品も手掛けている。